漬けこむ手間なし!超やわらかくて美味しいしょうが焼きの作り方

今日は僕が普段から作っている生姜焼きの作り方を紹介します。

タレに漬け込む必要がないのに、柔らかくてもっちりした食感に仕上がります。

漬け込まなくていい!片栗粉でもっちりジューシーな生姜焼きレシピ

材料

  • 豚ロースしょうが焼き用 約160g(4枚)
  • たまねぎ 1個
  • キャベツ千切り 好きなだけ
  • しょうが 1片(お好み量どうぞ)
  • 片栗粉 適量
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 料理酒 大さじ2

(1)豚ロースの両面に片栗粉をまぶす

全体的に軽く片栗粉がつく程度で良いです

(2)玉ねぎとキャベツを切る

玉ねぎは食感も大事なので大きめに切ります。キャベツは今回はスーパーの千切りのやつが家にあったのでそれ使いました。

(3)生姜をおろす&生姜を切る

生姜はすりおろしたものとみじん切りにしたもの2つを作ります。

すりおろしたものだけでも良いのですが、みじん切りにしたものがあると食べた時の生姜のインパクトが増します。

(4)タレをつくる

醤油、みりん、日本酒を1対1 対1で合わせます。この比率が大事です。

もっと量を多くしたい場合も醤油だけでなく、全部が1対1 対1になるように足します。

(5)ごま油をひいて肉の両面を焼く

中火〜強火で焼きます

(6)玉ねぎ投入

このまましばらく焼きます。

(7)タレを投入

これくらい焼けてきたらタレを投入

(8)タレを肉と玉ねぎに染み込ませる

肉と玉ねぎにタレがしみこんできたら盛りつけへ

(9)盛りつけて完成

マヨネーズやゴマを添えたりしても良いですね。

料理のポイント

片栗粉を使うことで肉がやわらかくジューシーになる!

片栗粉を両面にまぶすことでお肉が柔らかくもっちりとします。そしてタレを後入れすることで、肉にコーティングした片栗粉がタレを吸収し、味が染み込みご飯何杯でもたべれそうなジューシーな生姜焼きになります。

片栗粉の代わりに小麦粉を使われる人もいますね。片栗粉は肉が柔らかくなり、小麦粉は肉がパリッとなります。僕はもっちりしたのが好きなので片栗粉派です。

すりおろした生姜とみじん切り生姜のダブル生姜!

今回は生姜の切り方?を2種類使ってみました。みじん切りのものがはいると食べるときの香りやインパクトが強くなるので生姜好きにはおすすめ!でも面倒臭かったらすりおろしたものだけでも良いですし、チューブでも全然美味しいです。

生姜焼きって人によって作り方とか結構違いますよね。でもそれが面白いし、どんな作り方でも生姜焼きは本当にうまい。あー、また食べたくなってきた!

おわり。

おまけ

『甘々と稲妻』を読んだら土鍋でご飯が炊きたくてセール中で2500円弱で売ってたので買いました。

部屋で箱を開けたら、ソファーやカーテンの色味のせいかもだけど、なんだか骨董品みたいになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA