35代後半で自律神経失調症になった私が改善するまでにやったこと

35歳を過ぎたころに急に眠れなくなりました。

近隣トラブルで精神的に非常に参っている時期でして、病院から「自律神経失調症」と診断されました。

それから3年、今では自律神経失調症は改善され、さらに以前よりも健康的な毎日が過ごせるようになりました。

私が精神症を発症してから、改善するまでにやったこと、そしておすすめの方法を紹介します。

抗うつ剤を飲んでいたが2年たってもまったく良くならなかった

薬は「抗うつ剤」でそれを飲めばなんとか眠れることから、睡眠薬は服用せずに2年ほど病院がよいをしていました。

このままでは一向に良くならないと思い、自分なりに何かできることはないかとサプリメントを試すようになりました。

色々なサプリメントを試してみた

自律神経にきくとされる「にんにく卵黄」そして漢方には「薬用養命酒」。睡眠を促す「GABA」それから「バレリアン」、血流を促す「DPA、EPA」など。

様々なサプリメントを試してかなりのお金を要しました。

しかし一向に改善される気配はなく、サプリメントや医療費にかなりおかねを費やしていたのでこのままどうしようと途方に暮れていたときに、プラセンタが自律神経や女性ホルモンバランスを整えてくれるという記事を見ました。

女性ホルモンのバランスが気になっていたのでプラセンタを試してみることにした

不眠に関しては女性ホルモンも影響しているのだと思い、悩んでいました。

婦人科にいって、一通りの検査をしてもらいましたが結果は「異常なし」。

生理の経血の量が少ないことや、おりものの量もめっきり減っていると医師に伝えても、検査結果に異常が出なければ問題ないとのこと。

それならば少々プラセンタは値がはるけど、試してみる価値はあるかもしれないと思って始めたのがきっかけです。

お試し30粒500円のプラセンタを購入

プラセンタといってもたくさんの商品があって、豚や馬などでも料金が変わります。

私が選んだのは、お試しで30粒を500円で購入できるという銀座ステファニー化粧品から出ているプラセンタでした。

500円なら商品が自分に合わなくても仕方ないと思える価格だったのが、この商品を選んだ理由です。

抗うつ剤がなくても眠れた!!

最初は2粒から始めました。

すると、抗うつ剤を飲まなくても眠れる日が2日、3日、5日と増えてきました。

眠れる日が続くと精神的にも明るくなってきて、自分に自信を持てるようになり、半年後には精神科の医師から「薬は飲まなくても良いと思う」と、通院しなくても良いとお墨付きをいただいたくらいまで症状が回復しました。

生理の経血の量が増えて、胸が大きくなった

プラセンタを飲んで変わったことは、それだけではありません。

女性ホルモンのバランスが安定して、これまで悩みだった生理の経血の量が多くなり、またおりものも通常の量まで戻ったということ。

さらには、胸が大きくなりました。これまでBカップだったのがプラセンタを飲み始めてDカップにまで成長しました。

30代後半なのに、ブラジャーのカップが大きくなったのは衝撃でした。

肌つやも良くなったのが嬉しかった

それから肌艶がとても明るくなったこともプラセンタを飲み始めてからの効果で嬉しかったです。

これまでは粉が吹いてがさがさしていた肌が、職場の同僚から「どんなことを始めたの?」「何をしたらそんなに透明感ある肌になれたの?」と最近ではこぞって聞かれることが多くなりました。

プラセンタを飲み始めてから様々な効果を実感しています。

いま私が使用しているサプリはこのプラセンタのみ「

今は、この商品は飲み続けるべきものなんだと思って、他のサプリメントを全てやめてこの商品だけを使っています。

定期購入すれば少しは安く購入できますが、それでも他のサプリメントに比べたらかなり値ははります。

しかし、自律神経失調症を改善でき、女性ホルモンも安定したこと、そしてブラジャーのカップもあがって胸が大きくなったこと、肌艶も明るくなったこと。

すべてが自分にとって嬉しいことばかりで銀座ステファニー化粧品さんには本当に感謝しています。

私と同じように、ストレスから精神的に不安定になっている方や女性ホルモンが安定しない等、様々な身体の不調を訴えている方に是非、おススメしたい商品と思ったため記事にしました。

今では毎日が楽しくて仕方ありません。それもこれも、すべてはプラセンタのおかげだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA