自宅でヒゲ脱毛するならトリアがおすすめ!ケノンとの違い&痛みを和らげる方法

私はいま私は45歳なのですが、若い時からムダ毛の処理に悩まされてきました。

特に悩みなのは、ヒゲ・Vラインのムダ毛です。

1年間購入を検討した結果、「家庭用脱毛器:トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」を購入したところ、その効果にとても満足したので紹介します。

  • 自分でヒゲ脱毛する方法を探している
  • ケツ毛の処理に悩んでいる
  • 脱毛器「トリア」と「ケノン」で悩んでいる

上記のような方の参考になると思います。

ずっと青ヒゲに悩まされてきた

私は25歳ぐらいからヒゲが濃くなりだしました。

ヒゲが似合う男性ならいいと思うんですけど、私は色白童顔でヒゲはまったく似合いません。

ヒゲを剃っても青髭となって目立ちますし、見た目もすごく老けます。

今までヒゲを毛抜きで脱毛したことあるんですけど、脱毛すると我ながらイケメンだ!と感じるほどです。

しかし2週間もすればヒゲは再び生えてきますし、その度にヒゲ脱毛をするのって手間を考えると現実的ではありません。

そこでヒゲをどうにかしたい・・・とずっと悩んでいました。

陰毛もどうにかしたい

Vラインの悩みはここ一年ほどです。

アンダーヘアーってないとすごくスッキリしますし、女性からのウケもいいんですよね。

しかしVラインもヒゲ同様、濃くてタフな毛です。

すぐ生えてきますし、ここもどうにかしたいと考えてました。

あとお尻の毛が邪魔でトイレでお尻を拭きづらいのも悩みでした

家の近くにひげ脱毛のクリニックがなかった

ムダ毛処理の対策方法は、医療クリニックでの脱毛、家庭用脱毛器の使用だと考えてました。

ただ私の住んでる所は田舎なので、男性のヒゲ専門の医療クリニックって近くにありません。

こういうのって一度ではなく最低でも5.6回は通院する必要があるようですし、立地的に私には無理だと判断しました。

となると、残るは家庭用脱毛器しかありません。色々調べた結果、候補に上がったのはケノンとトリアです。

家庭用脱毛器の2大メーカー「ケノン」と「トリア」

ケノンの販売価格69800円、トリアは54800円とどちらも安いものではありません。

クチコミ数はケノンの方が多く、人気もケノンの方がありました。

しかし私はある理由でトリアを購入しました。

それはヒゲに効くかどうかです。

トリアの方が男性からのクチコミが多かった

ケノンを褒めてるクチコミは多いんですが、ほとんど女性からのものでした。

男性からのクチコミを見ると、顔より下の毛には効くけどヒゲには効果なしというものが多数。

トリアの場合、男性からのクチコミも多いんです。

中でも気になったのは、ヒゲにも効くが痛い、効果はあるが痛いといった内容のクチコミです。

どれも痛みに対して文句はいってますけど、効果についての不満は一切ありません。

男性のヒゲに対しても、効くのは前提となってます。

これなら私のヒゲにも効果があるのでは?と考えました。

痛みは気になるけど、初売りセールでトリアを購入!

購入に至ったのは、年明けに初売りセールが行われて15000円引きになったからです。

恐らく年明けに初売りセールで安くなるだろう?という私の予想があたり、今しかない!と購入しました。

クチコミからヒゲに効果はある・・と信じてましたが、問題は痛みです。

トリアの照射レベルは1~5まであり、最強は5です。

ヒゲのようなタフな毛には5じゃないと効かないというのは、クチコミで確認済み。

痛みをチェック!

とりあえず、痛みの弱い手から試します。

  • 最初はlv1・・・無痛で何も感じません。
  • 次にlv3・・・基本無痛ですが、場所によってピリリときます。
  • そしてlv5・・・皮膚の奥から針を刺したような痛みを感じました。

しかも場所によって痛みはまします。

痛み対策には保冷剤というクチコミがあったので、その通り保冷剤で10秒ほど冷やしてからトリアを照射します。

保冷剤効果はかなりあり、lv5でもlv3のピリリ程度の痛みにまで軽減できました。

とりあえずこれで手足の脱毛は可能だとわかりました。

ヒゲ部分の痛みは?

次はいよいよ本命のヒゲへの照射です。

一番気になるのは鼻下部分のヒゲです。

が、鼻下中央のくぼみ部分は一番痛みを感じる場所です。

ここは避け、まずは痛みの弱い端っこに照射しました。

まずはlv3・・・痛いです。

手をlv5で照射した時以上の痛みを感じます。

正直lv5は躊躇しましたが、痛みの弱い端で何をグズグズ言ってるのだ!と自分を奮い立たせて照射・・・はい、痛すぎました。

保冷剤で冷やすと少しマシになりました。

結論として、端は出来ても鼻下中央部は無理だと判断しました。

ヒゲを脱毛するためのお助けアイテムを購入!

そこで使用したのが麻酔クリーム。

ラクサールクリーム(RacserCream)5%

これはネット通販等で購入出来るもので、トリアの痛み対策に購入したものです。

麻酔クリームを使っても痛みは完全になくなりませんが、相当軽減できました。

ヒゲの濃さや痛み耐性次第で、痛みには個人差があるので麻酔クリームは参考程度で。

もっとも恐れていた鼻下中央部も、我慢出来る範囲内の痛みにまで軽減。

手を保冷剤ありでlv5照射時の痛みにまで減ったという感じですね。

これなら出来る!ということで、鼻下、アゴ、フェイスラインの全ヒゲに照射しました。

肌トラブルなく順調!

照射後は保冷剤で冷やしましたし、保湿クリームでのケアもしました。

そのおかげか、翌日になっても炎症等の肌トラブルはありません。

触ると違和感を感じましたが、痛みはありません。

今の所はまだ2回しか使ってませんが、それでも十分に効果は体感できました。

特に変化があったのは、一番気になっていた鼻下中央部です。

自覚出来るほど薄くなりました。

まだ完全に脱毛は出来てませんが、使い続けていけばそのうちヒゲがスッキリするだろうというのは理解出来るほどです。

私のようにヒゲの濃さで悩んでる男性にはトリアがお勧めです。

コメント